• コラム
  • 「大学留学のメリットや海外でキャリアを積むためのヒント」となる情報をお届けします。

海外留学って費用がかかる?

皆さんは海外留学を検討する際に気になるのは何でしょうか?

「行き先?」

「語学学校ってどこがいいの?」

「滞在先はどうしよう?」

など気になることはたくさんありますが、それらを決める上で一番肝心になってくるのが「留学の費用」ではないでしょうか?

余程のお金持ちではない限り、海外留学を検討される際は個人それぞれの予算があると思いますが、海外留学にはある程度のまとまったお金が必要となります。

海外には物価が高い国もあれば、物価が安い国もあります。

個人の選択する留学プランによって費用にはバラつきがありますので、海外留学は費用が高いという考えは一概には当てはまりません。

そこで今回は、

留学費用の平均的な相場を国別、期間別にご紹介しながら、留学費用を抑えるポイントをご紹介しています。

是非、参考にしてみてください。

海外留学で必要な費用

まず、海外留学にはどのような費用が必要になってくるのでしょうか。

大まかなカテゴリーに分けると、

✅渡航に必要な手続き費用(航空券代・ビザ代など)

✅学費(現地で学ぶための学費やレッスン代など)

✅生活費(現地で滞在する家賃や食費、生活費など)

が必要な経費となります。

これらの費用は行き先や留学期間によっても随分変わってきます。

主な留学先の平均予算は次の通りです。

1カ月

3カ月

6カ月

1年

アメリカ

30万~60万

90万~150万

200万~250万

300万~450万

イギリス

30万~60万

90万~180万

200万~280万

300万~500万

オーストラリア

25万~40万

80万~150万

140万~250万

250万~400万

カナダ

20万~40万

50万~130万

150万~230万

270万~350万

韓国

15万~25万

30万~70万

70万~140万

120万~300万

タイ

10万~20万

30万~70万

50万~100万

100万~250万

フィリピン

10万~20万

30万~70万

50万~100万

100万~250万

この表を見て分かるように、アメリカ・イギリス・オーストラリアへの留学が最も費用がかかるようですね。

各国の物価の違いがかなりありますので、生活費や学費などにはっきりと差が出るようです。

国別にポイントを見ていきたいと思います。

アメリカ

英語留学と言えば最初に思い浮かぶ留学先がアメリカではないでしょうか。

世界経済の中心であり、ファッションや芸術、文化などの最先端をリードしている国でありますので、誰もが憧れる国です。

ただし、物価が高いので留学費用も高額となってしまいます。

イギリス

ヨーロッパの中心であるイギリスは歴史や伝統のある国です。

音楽留学やスポーツ留学、アートを学ばれる方にも人気で、それらに特化した学校もたくさんあります。

ヨーロッパ内の旅行がしやすいというのもメリットですが、旅行をするとさらに費用がかかるため予算はもっと必要になるでしょう。

アメリカと同様、物価は高いので留学費用もおおよそ変わりません。

オーストラリア

オーストラリアは非常に治安が良く、雄大な自然もあり、都会もありで魅力的な国です。

ですので、留学先としては人気の国で毎年世界中から留学生が多く集まってきています。

しかし、物価はすごく高いことで知られています。

学費や生活費もお金がかかるため、アメリカ、イギリスとともに留学費用はある程度の準備が必要となります。

カナダ

カナダの雄大な大自然には誰もが一度は憧れるでしょう。

カナダは教育レベルも非常に高く、勉学を励むにはとても良い環境だと言えます。

また、東側のモントリオールなどはフランス語が第一言語となっていますので、2か国語留学を目指す方にも人気です。

しかし、カナダの物価は日本と比べると決して安いわけではありません。

そして物価は都市によってかなりのバラつきがあります。

トロントやバンクーバーなど人気の都市ではやはり物価は高めです。

韓国

韓流ドラマやK-POP人気の影響で韓国という国へ興味を持った方も多いのではないでしょうか?

日本から一番近い外国である韓国は、日本国内を移動するよりも安価に行くことが可能な国です。

渡航費が安く済むのは魅力的ですね。

グルメやエンタメ、買い物を楽しむ国として旅行をイメージされる方も多いですが、最近は韓国語を学びに語学留学される方も増えています。

物価は物によりますが、大抵は日本より安く生活しやすいと言えます。

英語圏ではないため、語学は韓国語を学ぶことになります。

タイ

親日国としても知られているタイ。

「微笑みの国」とも言われており温厚で優しい人が多く、1年を通して温暖な気候なので旅行先としてもとても人気です。

タイでの一番のポイントは、何といっても物価が安いこと!

渡航費を始め、生活費、学費も欧米諸国と比べ断然安いので、トータルの留学費用は安く抑えられます。

また、タイでの公用語はタイ語になりますが、英語が学べる語学学校もたくさんありますので、留学費用を抑えて海外で英語を学びたいという方にはピッタリの留学先と言えます。

フィリピン

フィリピンは格安に海外留学する国として人気があります。

セブ島の気候は一年を通して26度~30度と温暖で、日本からはわずか4時間ほどで行けるので、初めての海外の方でも安心できます。

フィリピンの公用語は英語であり、現地の人は小学校から英語で授業を受けているので、ほとんどの人が英語を話すことができ、街中では普通に英語が良く使われています。

物価はタイと同じく非常に安いので、海外留学して英語を学びたいけれど費用がネックという方でも実現できる留学先です。

 ”アメリカ留学の3分の1の費用で済む??【タイにあるアメリカの大学】”

 タイにあるアメリカの大学(トリコンチネントディグリープログラム)は、ラマー大学(米国・テキサス州)、サイアムテクノロジー大学(タイ・バンコク)、英国のNVQ国家認定資格レベル5の三か国の学位および資格のすべてが一回の留学で取得できる画期的なプログラムです。

この「タイにあるアメリカの大学」の費用は滞在費も含めて年間で約150万円程度。アメリカ留学にかかる費用から見ても約3分の1程度で済みます。

「タイにあるアメリカの大学」は、高校生・留年生向けに費用も安く、英語力のスコア提出が不要など、日本の大学に進学するのと同等の条件で進学することが可能です。

授業は完全に英語のみで行われ、アメリカ・中国・ASEAN各国など世界各国から集まる学生とともに学習します。タイ・バンコクで日常生活を送ることになりますが、成長著しいASEANの中心地であり、本物のグローバルを経験することができます。

 http://tricon.tesol.co.jp/

留学費用を節約する3つのポイント

これまでで留学費用は渡航先によって随分違いがあるということがわかりました。

ですが、それでも出来るだけ留学費用を節約したいのが本当のところ。

気を付けるポイントは、

・渡航先

・渡航時期

・学校

・滞在先

・現地での生活

を工夫できるかどうかです。
では、具体的にどのようにすれば留学費用は抑えられるでしょうか?

こちらでは留学費用を少しでも安くする3つのポイントをご紹介したいと思います。

留学を検討する際に自分で実際に出来そうなポイントを抑えておくと少しでも節約になりますよ。

✅ポイント①留学先は物価や為替が安い国を選ぶ

海外留学するにあたって国によって費用面で一番大きく変わってくるのは、現地の物価や為替の違いです。

為替は日本と海外の経済や景気に左右されるため自分ではどうすることもできませんが、日本よりも経済が豊かな経済力のある国(アメリカやイギリスなど)は為替の影響を大きく受けます。

そういった国は日本よりも学費が高かったり、現地の物価も高く生活費が膨大にかかります。

物価が高い国と安い国では、現地での生活費や学費が全く違ってきます。

欧米諸国に比べると、アジアのタイやフィリピンは物価が安いのでオススメです。

ポイント②早めに留学計画を進める

海外留学の計画を進める上で絶対に予約必要なのが、渡航先までの航空券です。

早めに留学計画を立てれば、LCCを利用したり、早期割引やキャンペーン料金を利用できたり、旅行シーズンや混みあった時期を避けたりすることで渡航費は節約できます。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始は高いので、できるだけ避けましょう。

渡航先によっては航空券だけで5万円~10万円ほどの差が出たりします。

またほとんどの語学学校では毎年、料金改定があり値上がりしていますので早めに申し込みした方がお得です。

また学校によっては期間限定でキャンペーン料金などを設定している場合がありますので、そういったお得な情報は見逃さないようにしましょう。

✅ポイント③滞在はホームステイやルームシェアなどを選ぶ

ホームステイは滞在費が安いところが多く、また何よりも食事が提供される場合が多いので、食費も抑えることができます。

また、長期の留学であれば、現地での生活に慣れたころにアパートなどを数人でシェアして、食事もできるだけ自炊にすれば生活費を節約できますね。

ルームシェアでは、家賃などが抑えられるだけでなく、学校の授業以外でもさまざまな人とコミュニケーションをとることができるというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

留学には色々な費用が必要となりますが、まず予め自分の予算を立てて資金面では無理をせず、ゆとりを持った計画をすることが肝心です。

とにかくお金がかかるというイメージの海外留学ですが、渡航先や渡航時期を選んだり、現地での生活に気を付ければ、現実的になるのです。

「留学先でなにを学びたいのか」「留学先で何を達成したいのか」という信念は持ちつつも、費用面では工夫して留学生活を楽しみましょう。

留学で資金面に苦労すると、目標どころではなくなってきてしまいます。

海外にいても現地では生活をしていかなければいけません。

ちょっとしたコツを抑えれば留学費用は節約できます。

 ”アメリカ留学の3分の1の費用で済む??【タイにあるアメリカの大学】”

 タイにあるアメリカの大学(トリコンチネントディグリープログラム)は、ラマー大学(米国・テキサス州)、サイアムテクノロジー大学(タイ・バンコク)、英国のNVQ国家認定資格レベル5の三か国の学位および資格のすべてが一回の留学で取得できる画期的なプログラムです。

この「タイにあるアメリカの大学」の費用は滞在費も含めて年間で約150万円程度。アメリカ留学にかかる費用から見ても約3分の1程度で済みます。

「タイにあるアメリカの大学」は、高校生・留年生向けに費用も安く、英語力のスコア提出が不要など、日本の大学に進学するのと同等の条件で進学することが可能です。

授業は完全に英語のみで行われ、アメリカ・中国・ASEAN各国など世界各国から集まる学生とともに学習します。タイ・バンコクで日常生活を送ることになりますが、成長著しいASEANの中心地であり、本物のグローバルを経験することができます。

 http://tricon.tesol.co.jp/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。