バンコクで味わえる世界の料理

こんにちは!12月に入りましたね。本格的に寒くなってきている頃だと思います。私も帰り支度を始めようと、コートを探しています。1月にタイに戻る時はコートも1着持ってこようと心に決めているところです…。

さて、バンコクには様々な国の方々が集まっていて、日本人街はもちろん、中華街もありますし、中東街と言いましょうか、アラビア文字の看板がたくさんあるエリアもあります!そんなバンコクでは、様々な国の料理が食べられます。今回は私が行っておいしかった国の料理を紹介したいと思います。

・ニュージーランド
 「スナッパー・ニュージーランド」に行きました。

ニュージーランド料理のレストラン

ニュージーランドと言えば羊!ということで、ラムとマトン料理が中心でした。ソースや付け合わせを選べる料理も多く、タイにいてはあまり食べられないホウレンソウが食べられて嬉しかったです。残念ながらこのお店は無くなってしまったそうなのですが、他にもニュージーランド料理のお店はありますので、機会があれば是非。

羊料理

・スウェーデン
 「カジュタン」に行きました。「IKEA以外で食べたことないよね?」と企画していただいたのですが、今まで住んでいたところの近くにIKEAが無かった上に家具しか売っていないと思っていたので行く機会がなく、レストランが併設されていることもこの時に知りました(笑)

スウェーデンと言えばミートボールとサーモン料理らしいのですが、この日は
仕入れの関係でサーモンは食べられませんでした。ミートボールも他のお肉料理もおいしかったです。しかし、何よりも印象に残っているのはすべてに付け合わせで付いてきたマッシュポテトです!量は多かったですが、クリーミーでおいしかったです。いつかIKEAのレストランの料理も食べたいです。

スウェーデン料理

・ロシア
 「ザ・ムーン・アンダー・ウォーター」に行きました。少しわかりにくいところにあるのですが、1階がタイ料理屋さんで、お店を通って奥の階段を上がるとロシアレストランです。ハッシュドビーフやボルシチなど、いろいろ頼んだのですが、やはり付け合わせに大量のマッシュポテトが!どれもおいしかったです。私は苦手なので飲んでいないのですが、サービスでウォッカをくれたりしました。

ロシア料理

・中国
 「ピングズ・シャークス・フィン」と「スクンビット・シャーク・フィンズ」に行きました。タイはフカヒレが有名で、日本よりずっと安く食べることができます。覚えている限り、これまでフカヒレを食べたことはなかったのですが、どちらのお店もおいしかったです。フカヒレの姿煮や、フカヒレ炒め、アワビご飯など、4人ほどで行くといろいろ食べられて良いと思います。

フカヒレ

・イエメン、エジプト、イラク
 すべて中東街にあります。駅を出てしばらく歩き、角を曲がると、いきなり異国に来たような感覚になります。見渡す限りアラビア文字…!食器や靴、洋服などのお店の間にぽつぽつレストランが。

中東街

イエメン料理屋さんでは巨大なナンに驚き、イラク料理屋さんでは 各机に置いてある葉っぱの生えたグラスに中東を感じました。どちらのお店にも似た味の
カレーがあり、とても美味しかったです。

イエメン料理のレストラン
イエメン料理の巨大なナン
イラク料理のレストラン
イラク料理のカレー

エジプト料理屋さんへはデザートを食べに行っただけなのですが、手作りプリンが好みの味でした。

エジプト料理のレストラン
エジプト料理のプリン

中東の料理は日本で馴染みがなく、想像もつきませんでしたが、個人的には日本人に合う味だと思います。何だか辛そうなイメージを勝手に持っていたのですが、全くそんなことはありませんでした!

各国のレストランごとにその国の人々が集まってくるようで、タイに居ながら色んな国の雰囲気が味わえます。今後も色んなレストランへ行くと思いますので、またお勧めしたいところがあれば記事にしたいと思います!

ハロウィンについての記事に、クリスマスっぽいものを探すと書きましたが、着々と集まってきています!やはり3大宗教は強いなと思います。バンコク内にイルミネーションで有名な場所もいくつかあるそうで、帰省までに女子会で連れて行ってくれるとのこと。楽しみです。

それでは、また!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。