タイのおすすめ観光スポット4選

皆様、あけましておめでとうございます!
2020年ですね。年末年始はどう過ごされたでしょうか?

私は絶賛風邪を引いているところです(笑)
やはり暖冬だからと油断すべきではなかった…。
タイに戻ったらすぐに授業が始まるので、しっかり治して帰りたいと思います。

クリスマス当日に日本についたのですが、クリスマスツリーと門松などの縁起物が一緒に飾られているのはいつ見ても不思議だなと感じます。

さて、新年最初のコラムは、タイのおすすめスポットの紹介です。
前回はショッピングモールを中心に紹介しましたが、今回は観光スポットを中心に紹介したいと思います。

・カムティエン・ハウス
タイの伝統的な生活様式を見ることができるスポットです。木造の家に、古来の祭壇や機織り機、部屋の様子などを再現してあり、アニメーションで実際の生活の様子を詳しく見ることもできます。入場料は100バーツで、説明書きはタイ語と英語です。


・シーライフ
サイアム駅横のサイアムパラゴンの地下にある水族館です。観光客向け価格は約2000バーツと高価ですが、学生ビザや就労ビザがあればタイ人価格になり、ラビットカードで支払うとさらに割引され、1/4ほどの値段で入場できました。有料のアクティビティはもちろん、餌やりなどのショーも豊富で、長い時間見ていられます。クリスマスシーズンだったので、サンタが餌やりをする水槽もありました!日本では見たことのない魚もいて、とても楽しかったです。


・ジムトンプソン・ファーム
12月初旬から1月初旬のひと月の間だけ一般公開される、シルクの生産地です。ツアーに申し込んで行ってきました。敷地内のバス代込みで990バーツでした!ジムトンプソンのお店はスワンナプーム空港にも入っており、シルク製の服やカバンを買うことができますが、ファームでは野菜や果物、花も育てられており、ジャムやジュースを買うこともできます。広大な敷地を専用のバスで移動するのですが、一面に咲き誇るヒマワリ、コスモス、マリーゴールドの畑はとても美しいです。ほかにも、機織りの工場や、水牛を見ることもできます。5つあるバス停それぞれに見どころいっぱいです。動きやすい格好に帽子とスニーカー必須です。


・水上マーケット
私の住むコンドミニアムの最寄り駅の二つ先、終点のバンワー駅からタクシーで10分ほどの距離にあります。水上ツアーがあったり、服や果物も安く売っていたり、タイならではといった雰囲気のある場所です。1時間180バーツで足のマッサージも受けられます。1つ20バーツでタイ語で名札を作ってくれるお店があり、一緒に行った4人でそれぞれ作っていただきました!並べてあるものから好きなイラストを選ぶことができるのですが、どれも可愛くて長いこと悩みました…。写真右上の縦型のものが私のです。


今回紹介した場所は、観光客向けにタイ国籍の人より高価格に設定されているところも多くお金がかかってしまいますが、一度は行っておいて損はない場所ばかりだと思います。バンコクにいらした際には是非行ってみてくださいね!

それでは、また!

航空業界で働く夢をかなえませんか?

空のプロフェショナルを目指す!
という大きな目標を持つ君たちへ!

  1. 費用が圧倒的に安い!
  2. 日本語での入学試験
  3. 世界中が就職先

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事