サーフィンで有名なシャルガオ島へ行ってきました!

セブ島を出発したのは8月24日の午後7時。

当日コロンの近くにある港Pier1でチケットを購入。出航の2時間前から搭乗が始まりました。

セブ島からミンダナオ島のスリガオまでが約9時間。スリガオから目的地のシャルガオ島まで約2時間。

船の乗り換え時間も含めると合計13時間の長旅でした。

行きはエコノミークラスを選び、一般は825ペソ、私は学生割引があるので660ペソ(約1,386円)でした。1番安いのを選びましたがエアコンも風もなく暑かったので帰りはツアリストという1つ上のランクを選びました。

スリガオからシャルガオ島はエアコン付きで260ペソ(約546円)。

トイレの窓からの景色が綺麗でiPhoneを取りにわざわざ席まで戻り撮りました。笑

13時間の長旅が終わりついにシャルガオ島へ着きました!友人の弟が1週間前から一足先に行っていたので港までお迎えに来てくれました。そのあとは私たち3人とトライシクルのドライバーと計4人でシャルガオ島を探検しました。

トライシクルは一日レンタルで一台1500ペソ(約3150円)でした。乗り放題で行きたい場所へ連れて行ってくれるので、一回一回その場で探す手間も省け、安く済みます。

1日目に私たちが周った場所

・Magpupungko(ビーチ)

・Maasin river(ターザンができる川)

・ココナッツロード

・マウンテンビュー

・Cloud9(サーフィン)

・Gwapitos(フィリピンのアパレルブランド)

・Mama’s Grill (フィリピン料理、バーベキューのお店)

宿へ着いて荷物を置いてから、General Lunaと呼ばれるお店がたくさん並んでいる道も散策しました。

Magpupungko

白浜で有名な観光地の1つです。お腹が空いていたのでここで朝食を食べました。

入場料が1人50ペソかかります。

Longsilogと呼ばれるフィリピンのソーセージと目玉焼きの定食とチョプスイという野菜炒めを食べました。

3人分全部で200ペソ(約420円)。観光地とは言え、日本と比べたらとても安いです。

この後も予定が詰まっていたので長くは滞在せず、次の目的地へ向かいました。

Maasin river

川岸にはヤシの木がたくさんあり、写真映えする場所です。現地の人はターザンに慣れていて回転しながら飛び込みをしていました。私もも挑戦しましたが腕の力がなく見事に落ちてしまいました。笑

周りの人達にも笑われてしまったけどターザンが味わえて楽しかったです。

ココナッツロード

名前の通りココナッツの木、ヤシの木が沢山ある道です。ここも写真映えするので有名な場所の1つです。道なので入場料はかかりません!私ヤシの木が大好きなのでトライシクルに乗って移動中も景色を見て幸せを感じていました。笑

マウンテンビュー

マウンテンビューからもヤシの木がたくさん見られ、最高の景色でした。

一面ヤシの木で埋め尽くされていて、南国にいる!という実感が湧きました。

マウンテンビューのあとはフィリピンのストリートフードを食べ、いよいよサーフィンの出来るCloud9(クラウドナイン)へ向かいました。

ゴーヤチャンプルと豚肉をみんなで分けて食べました。

お昼ご飯(3人で195ペソ:約409.5円)

Cloud9

荷物を置く場所がないので、荷物はトライシクルのドライバーに託し、必要なお金と友人のGoProのみ持って行きました。

入場料は1人100ペソ、サーフボードのレンタルは1つ200ペソ/1時間でした。

シャルガオ島で有名なサーファー、Philmarにも会うことができました。

人生二度目のサーフィン、久しぶりのサーフィンでコツを忘れてしまいなかなか波に乗れませんでしたが、なんとか数回だけ立ち上がることが出来ました。今回は1時間だけしか居られなかったのでまた挑戦してもっと上達させたいです!シャルガオには海外からも沢山の人がサーフィンをしにきているので、なんだかフィリピン以外の海外にいる気分になりました。笑

サーフィンを終えたあとは宿へ行き一休み。

予約していた宿が思っていたより遠くにあることが判明し、急遽近くの宿探しをしました。ドライバーの方も手伝って下さり、一泊一部屋1000ペソで宿を見つけることが出来ました。シャワーとトイレは共有でしたが、エアコン付きで綺麗なお部屋でした。

宿でシャワーを浴びて一休みした後は近くを散策しました。

GWAPITOS

Gwapitosはシャルガオ発のフィリピンのアパレルブランド。友人の誕生日ということで弟からパーカーのプレゼント。それを着て早速撮影会しました。笑

私は今回は何も買いませんでしたが次回行った時はTシャツを買おうと思います。

パーカーは1400ペソ、Tシャツは600ペソ〜。

Mama’s Grill

こちらのレストランもシャルガオで有名なスポットの1つです。フィリピンのバーベキューを味わうことが出来ます。日本人のお客さんも見かけました。

チキン、マグロ、チョリソという豚肉のボールとなすのバーベキュー、バナナシェイクを注文しました。合計375ペソ。(約787.5円)

夕食後は近くのお土産屋さんを見たり、ISLA MERCATOという食事処と飲み屋さんがある広場へ行き、一杯だけビールを飲みました。

ISLA MERCATO

2日目の朝は、朝食を食べにSHAKAというカフェへと、1日目に行けなかったスケートボードの練習場があるBRAVOへ行きました。

SHAKA

SHAKAはCloud9の近くにあり、海を眺めながら食事をとることが出来ます。ブランコでも少し遊びました。

私たちはおススメのBOM DIAとBAKUNAWA BOWLを注文しました。

アサイー、マンゴスチン、バナナ、マンゴー、パイナップル、チアシード、ヘルシーな食材が沢山入っていてとても美味しいボウルでした。1つ250ペソ。

BRAVO

朝食のあとはBRAVOへ行きました。

私たちが着いた時には少年が1人スケートボードの練習をしていました。私はスケボが出来ないのでスイスイ滑っていてかっこよかったです!

荷物を取りに宿へ戻り帰る支度。

予定では一泊で戻ってくるはずでしたが、船が満席で乗れなくなってしまい、一日延泊して帰りました。

港で出会った人に1人一泊300ペソで良い場所があるよと言われ、最初は疑って相手にしていませんでしたが友人の弟が先に確認しに行き、エアコン付き、Wi-fi付き、家も大きくて綺麗だよ!と連絡があり、急遽ホームステイすることになりました。紹介してくれた人はこの家の親戚でした。その人のトライシクルで家まで送ってくれました。

家の方も優しくて雰囲気の良い方でした。キッチンもあったので食事は自分たちで昼食、夕食、次の日の朝食を作りました。

翌日はトライシクルで港まで送ってくださり、お礼のチップも受け取ろうとしない親切な方でした。

今回の旅も素敵な出会いと経験が出来て、フィリピンでの楽しい思い出がまた1つ増えました。

遊びばかりでなく勉強の方も頑張っています。笑

9月中旬には学校のメジャー試験、フィリピンの国家試験も控えているので、試験が終わり次第、結果も含め試験についての記事も書こうと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。