留学費用や留学先など留学についてのよくある質問にお答えします
留学費用や留学先など留学についてのよくある質問にお答えします

皆さんは海外留学を予定していますか?

今すぐは留学できなくても将来的に留学を予定している方も、留学を検討中の方も、留学を決断する前には色々な疑問や不安なことがたくさん発生しますよね。
留学を計画する上で少しでも皆さんの疑問や不安なことが軽減すれば良いなと考え、今回はいつもと違う形式を取り、留学についてよくある疑問や質問についてお答えしていきたいと思います。

ご興味のある方は是非読んでみてくださいね。

Q①「留学ってした方が良いですか?留学するかどうか迷うのですが・・。」

A:そもそも留学が頭に浮かんだのはなぜですか?
将来の夢を叶えるのに留学が必要だと感じたからですか?
それによって答えは変わってくると思いますが、単に憧れや暇つぶしだけで海外留学をしようかなと検討しているならばやめた方が良いです。
憧れや暇つぶしであれば、海外留学ではなく海外旅行に行く方が良いです。

留学には何といっても費用、時間が必要となります。
まずそれが無いことには留学は実現できません。
学生さんなら費用はご両親に援助をお願いすることになりますし、その場合はご両親の許諾を得ないといけません。
海外留学に行く期間や渡航先にもよりますが、留学費用は莫大な費用がかかります。
裕福なご家庭でない限り、私費でまかなうのは本当に大変なのです。

そんな大変な費用をご両親に負担していただくことを許可してもらい海外留学するからには、「何のために留学するのか」「留学して得たいモノ」「留学して自分はこうなりたい」という強い意志がないといけません。
そして、自分に強い意志や目標が無い限り海外留学は失敗という結果に終わってしまうケースがほとんどです。

留学先で何も得ることが出来ず、何も成長しないまま帰国の日を迎えてしまい、留学が結局は観光旅行に終わってしまった・・というケースは実はよくあるパターンなのです。
そんな風に終わってしまったら、せっかくご両親に費用を出して頂いたのに無駄になりますよね。
あなた自身の留学期間も時間の無駄ということになってしまいます。

海外留学を検討するならば、目的や目標をきちんと定めるべきです。
留学先でも困難や苦労は多々発生します。日本に住んでいるのとは訳が違うのです。
そしてそれが無いと留学先で成長できないのです。
そこで頑張れるか、努力できるかどうかはあなた自身にかかっているのです。
それを踏まえて留学を検討されたら良いでしょう。

Q②「留学費用はどれぐらい必要ですか?」

A:留学にかかる費用については、皆さんは一番に心配なことではないでしょうか?
留学はたしかに莫大な費用が必要となりますが、渡航機関・渡航先など個々のプランによって大きく変わります。
留学と言えば、アメリカというイメージを持たれるかと思いますが、アメリカ留学には非常に莫大な費用がかかります。

✅渡航先はどこの国にするのか
✅語学留学なのか海外進学なのかワーホリなのか
✅留学期間はどのくらいの予定か
✅留学でやりたい(勉強したい)ことは何か
✅どのような結果を残したいか

これらを自分の中でイメージして初めて、留学費用の予算が立ちます。
まずは、目的をはっきりさせることが良いのではないでしょうか。
「英語をビジネスで使えるようになりたい」「世界で活躍できるダンサーになりたい」など自分の目標や夢をきちんと明確にしましょう。
また、予め留学にかけられる予算が決まっている方は、そこから学びたい・やりたい事が決まっていればおのずと渡航先が絞られてくるはずです。

Q③「どこの国に留学するのが良いですか?」

A:これも②と同じく目的ややりたい事、あなたのこだわりによってオススメする国は変わってきます。
ですが、留学期間が1週間や2週間などの短期であれば語学や技術・芸術を学んだり取得したりすることは難しいので、行きたい国や憧れている国でも構わないと思います。

目的が「フランス語を身に着けたい」なのであれば、フランスやカナダが選択肢にあがりますし、「サッカー留学したい」のであれば行き先はスペインやブラジルなどになると思います。
要は「留学だったらどこの国に行くべきである」という定義は無いので、その先に何がやりたいかによって国は絞られてきます。
近年は英語力向上のために英語圏ではなく、比較的リーズナブルに留学ができる「アジア留学」が注目されていますし、選択肢は目的、予算によって考えると良いでしょう。

また、誰か知り合いや友達が留学した国だからと言って、その国があなたにとって合っているかどうかも分かりません。
自分なりに国の情報や言語、自分の目的が達成できるのか、予算内で収まるのかなどリサーチを充分にして、確定するべきだと思います。

Q④「留学すれば英語はペラペラになりますか?」

A:これは良くある質問ですが、10年海外生活を送っていても全く英語を話せない日本人もいますし、逆に1年の留学でもすごく英語が話せるようになる人もいます。
個人によってかなりの差がありますね。
留学前の語学力レベルや勉強の度合い、現地での生活や環境などによっても結果に個人差が出ます。

「〇年留学すれば英語がペラペラになる」という具体的な目安はありません。
留学生活での英語を話す量や頻度にもよりますし、自分の学びによっても左右されますし、同じ努力や勉強をしていても、個人によって上達できるスピードは異なってきます。

しかし、何も話せない、何も勉強していない真っ新な状態で留学生活をスタートした場合は1年で英語がペラペラになるのは難しいのではないかと感じます。
1年でペラペラになる人はそれまでの積み重ねた訓練や勉強があってこそです。
現実はそんなに甘くないと言えます。

Q⑤「英語が全くできませんが留学できますか?」

A:皆さんは英語が出来ないから、上達したいから留学に行くのですよね?
現地で語学学校に入るのであれば、語学学校は英語を学ぶための学校ですので英語力は全く無くても大丈夫です。
留学する前に英語力がゼロであっても問題はありませんし、語学学校では英語力が全く無い人でも、レベル別にクラスが分かれているので特に心配する必要はありません。

しかしスタート地点が全くゼロの場合、限られた留学生活の中で普通に英会話できるぐらいまで上達させることはかなり難しいと思われます。(留学期間にもよりますが)
要するに英語力がゼロでも留学自体は可能ですが、絶対に英語力の上達を望めるわけではないということです。
現地で英語のレベルを上げたい場合は、出発前の事前学習をしておくことを強くオススメします。
ある程度備えた状態で留学するのと、全く備えないで留学するのとではスタート地点がまず違ってきます。
英語の勉強を日本で準備しておくことで、現地に行ってからも英語を早く吸収できますし、効果が早く出ます。
日本で留学の準備期間にビザや航空券、現地での滞在先を決めたり学校の手続きをしたりする合間に、その準備の中に必ず英語の学習時間も取っておくようにしましょう。

Q⑥「留学中に日本人と遊ばない方が良いでしょうか?」

A:これは一概には日本人と遊んではダメとは言えません。
日本人の友達をつくることでのメリットもあると思います。

留学先で生活する上で住まいのことや交通機関のことなど、最初は戸惑う事や困る事がたくさん発生すると思います。
なんせ初めての海外生活の場合は生きていくのに必要なものを購入するにも日本とは異なることばかりで分からないことだらけです。
そんな時に自分よりも以前から住んでいる日本人の知り合いや友達がいれば、助けてもらえるというメリットはありますよね。
特に最初の頃は英語もまだそんなに話せない状態ですので、日本語で不安なことや疑問が解決できることは本当にありがたく感じます。

よく「留学生活では日本人と遊ばない方が良い」と聞くのは、日本人同士で遊んでばかりいると英語を話す機会が極端に減ってしまうためです。
日本語で話し、日本人とばかり交流していると、やはりそれが居心地良く感じてその状況がずっと続くため現地の人達との交流がなくなってしまうのです。
日本人の友達を作るなということではありません。

英語を学び、海外での経験を積むために留学しているのであれば、そんな日本でも経験できるようなことをわざわざ海外で経験するのは勿体ないです。
せっかくの留学ですので海外でしか経験できないことを経験するべきです。

しかし、海外で日本語が聞けたり話せたりするのは本当に精神的に安心する感じがするのは確かです。

いずれにしても、自分次第でこの問題はコントールできます。
自分自身でバランスをとっていくべき問題と言えます。

Q⑦「留学は就職活動の時に有利になりますか?」

A: 結論から言って不利になることはまずないです。

しかし、就活で留学経験だけをアピール材料にするに今の時代インパクトは少ないかもしれません。
なぜなら、短期から長期に至るまで何らかの留学経験がある人は今の時代、山ほどいるからです。
世界でも上位に入るほどの優秀な海外大学を卒業しているなど、飛び出た経歴が無いと注目されないのです。

これからの時代は日本企業もどんどん海外進出を果たし、マーケット市場は日本国内だけではなく世界中全てとなります。
世界中でビジネスができる日本企業となっていかなければいけない時代なのです。
そしてそこで仕事をする日本人は世界に視野を広げて開発や研究ができ、利益を出せる人です。
そのような人材になるためには語学力が必要となるのはもちろん、それ以外の広い視野や異文化理解能力、コミュニケーション能力、メンタル力なども必要となってきます。

ただ単に「留学を経験した」だけでは就活に有利には働きません。
留学を経験して自分は何を身に着けて帰国したか、自分はどのように成長したか、などのアピールポイントが無いと留学が就活に有利には働きません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は7つの留学に関する疑問、質問のQ&Aにお答えしてみました。
今回の記事が留学を検討中の方や留学を予定している方たちにとって少しでも参考になれば嬉しいです。
また、留学に迷いがある方も一度立ち止まってこれらを考えてみてはいかがでしょうか。
留学経験は必ず皆さんの人生に影響を与えます。
そして、ただ単に行くだけでなく、留学に行く前に事前準備をしておいたり、情報収集を充分にしたりすることで留学は随分と違ったものになります。
留学に対する自分自身の心構えや信念や考えにも影響します。
是非、皆さんも一度考えてみてはいかがでしょうか。

航空業界で働く夢をかなえてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事