セブ島体験談1
セブ島体験談

みなさまこんにちは!

これまでセブ島での留学についてさまざまなことをお話しさせて頂きました。 私ももうすぐ夏休みは終わり、タイでの授業が再開します。とても楽しみですが不安も大きいです。

だからこそ私にとって初海外のセブ島での生活はとてもいい経験でその体験したことが少しでも自身のアンビバレントな心を和らげるようにといつも考えております。

さて、セブ島での二カ月で私は「生命力がつく」と思いました。とにかく生きていかなければならないと強く感じておりました。

というのも、以前述べさせていただいたようにホテルについてようやく安心できた次第で、学校以外で外にいる時は安心はあまりできませんでした。

私はあまりホームシックにはならなかったものの知らない文化は何が当たり前か分からないのでそこに多少の恐怖は感じており、先生にも「夜の道は危険だよ」と言われたのもあって、夜はほとんど外には出歩きませんでした。

しかし、私も生命力が試されるような体験をしました。

まず、アヤラモールに行ったときにポケットWi-Fiの期限が切れるというプチ問題が発生いたしました。

その場合はショッピングモールに来るタクシーを捕まえなければなりません。 アヤラモールの場合でしたらGrabと同じくアクティブゾーンという場所の出口を出ていただくと捕まえやすいです。

また、最後の二週間を共にセブ島で過ごした友達とSMモールに行ったとき、その人は海外のタクシーに一人で乗ることが苦手でその人が滞在しているホテルがitパークだったので私は行きも帰りもitパークを経由してタクシーを使ったのですが、帰りはショッピングモールの閉まる夜の9時までいたのでそれから帰るとなると一斉にお客さんがタクシーを使いますので全然Grabタクシーが捕まらないのです。だから私たちは普通のタクシーで帰ることにしました。

SMモールの場合ですと、出口を出ると、チキンを売っている屋台のある場所にたどり着きます。横断歩道があるのでそちらを渡っていただきますとタクシー乗り場というものがございます。そこで行先を言うと小さな紙きれが渡されます。そこに行先が書かれているという感じです。

ちなみにJモールは出口をエスカレーターでも出ることができ、駐車場に出るのです。その駐車場にセブンイレブンがございます。そのセブンイレブンの前にタクシーがよく来るのでそちらで捕まえてください。

また、Grabも同様でセブンイレブンの前にいることをチャットでドライバーさんに言っていただくと必ず見つけてもらえます。

しかし、Grabでなく普通のタクシーを捕まえたときは大体のドライバーさんがRumahホテルをご存じでないようです。このホテルは新しいホテルで丘の上なのでまだあまり精通していないようです。そうなので「Please, go up hill and it’s near Marco Polo hotel.」と言えば大丈夫です。マルコポーロホテルというのはセブ島のホテルの中でも有名なホテルでRumahホテルと同じ丘にあり、帰る道の途中にあるのでまずはマルコポーロホテルのところまで行き、その後はまっすぐ行けば着くので誘導してあげてください。

最初は私も「マルコポーロは見たことあるけどこの後はまっすぐだったっけ?」などと不安でしたがまっすぐなので大丈夫です!

そんなショッピングモールですが、セブ島に留学しようと考えている方で生活に欠かせない日用品をご購入したい方はSMモールにメイソウ(MINISO)という店があります。ここは雑貨店で日本製品ばかりなので何か困った場合、比較的お手頃に買うことができます。

ショッピングモールには必ずと言っていいほどある店が「Cha time」です。フィリピンのミルクティーやアイスティーはとても甘いと感じるかもしれませんが、チャタイムだけは日本と同じ甘さだと思います。Jollibee(ファーストフード店)やケンタッキー、マクドナルドなどのアイスティーはとても甘いです…。

とにかくチャタイムのロイヤルミルクティーのラージサイズがなんと100ペソ(200円)で飲めるので是非、ご賞味くださいね!

ちなみに私はチャタイムの列に並んでいる時にアジア系のカップルの陽気な男性の方に英語で話しかけられて日本人だということを伝えると日本のことをよく知っているようでフィリピンと日本の文化の差異について語りだしたので私も同情して話していました。

しばらくすると、「Which prefecture are you from?」と聞かれたので神奈川県ということを伝えると向こうは「Oh, we are from Okinawa!」と言ってきたので私は少し茫然自失になりました。彼は「Japan is also good! How about you?」と彼女さんの方に振ると彼女さんは日本語で「なんで日本人同士なのに英語でしゃべってんの?」と冷静に答えました。私はどうやらセブ島で日本人と英語で話してしまったみたいです…。

そんなチャタイムですがitパークにもあり、学校からすぐ近くにあるので二か月間で合計7回チャタイムのミルクティーを飲みました。セブ島のチャタイムにはハロハロ(フィリピンの有名なアイス)もありますよ!

それではまた次回、ありがとうございました。

航空業界で働く夢をかなえませんか?

空のプロフェショナルを目指す!
という大きな目標を持つ君たちへ!

  1. 費用が圧倒的に安い!
  2. 日本語での入学試験
  3. 世界中が就職先

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事