セブ島の生活について

セブ島のITパークという場所にTESOL INTERNATIONAL TRAINING CENTERがございます。私はITパークから少し離れた丘の上にあるRumah Highlands Hotelに滞在しておりました。

セブ島の生活では交通手段に欠かせないGrabというスマートフォンアプリケーションを使っていました。このアプリケーションはタクシーを呼ぶもので、タクシーを使用して学校はもちろん、ショッピングモールやレストランなど自在にセブ島を移動できます。

私の場合、朝はタクシーがつかまりにくいことから登校の際にホテルから送迎車をご用意していただきました。下校の際はGrabを使ってタクシーでホテルに帰っておりました。

Grabを使う利点はタクシーを呼ぶ前に行き場所を地図で確認でき、タクシー代を先にスマートフォン画面に表示されているということです。学校(ITパーク周辺)からRumah Highlands Hotelまでは大体120~180ペソ(日本円では240~360円)あたりです。

Rumah Highlands Hotelは日本経営のホテルなので日本人スタッフもおり、過ごしやすいと思います。このホテルの9階(最上階)にはLIMAというレストランがあり、そちらでお食事ができます。朝はホテルサービスでビュッフェ形式になっており、毎朝変わる料理なので多様な味を楽しむことができます。個人的にはフレッシュマンゴーが食べ放題なのがとても嬉しかったです。朝から欲張りすぎると昼にほとんど何も入らなくなりますが…。

セブ島の生活01

私はこのレストランで多様なフィリピン料理を試してみました。その中で私のお勧めのフィリピン料理はレイチョンカワリという料理です。レイチョンとは豚肉であり、レイチョンカワリは豚肉を一度茹でてその後、揚げた料理です。

セブ島の生活02

ここのレイチョンカワリもとても美味しいのですが、セブ島に行ったら私が一番お勧めしたいと思うレストランがLantawです。
ここはチェーン店でよく海沿いにあり、フィリピン料理を主に扱うレストランです。ここにseason drinkと言われるフルーツミックスジュースがあるのですが、とても新鮮で美味しいので是非、ご料理とともにお召し上がってみてください。

私は日本に帰る最終週にセブ島で3週間だけ共に勉強した友達とLantawに行くことになったのですが、偶々Grabのタクシーが捕まらず路上のタクシーを呼び止めて、Lantawに行きたいと言ったのですが、その運転手さんはタガログ語しか喋れないらしいのでLantawというと、Lantawの写真を見せてくださったので「Yes」と言って私たちは安心しきってしまい、世間話などをしていたのですが、さすがに1時間経った時にあまりの長さに異変を感じ、Google Mapで現在の位置を調べると、なんとそこはセブ島ではなくマクタン島にいました…。
結局、マクタン島のLantawで食事したのですが、Lantaw行くときはGrabを使用することをお勧めします!

セブ島生活での休日はショッピングモールに行くことがしばしばありました。
セブ島の大きなショッピングモールは主に3つで、ITパークから一番近いアヤラモールで、その少し先にあるSMモール、この二つのモールよりは少し小さめなJモールがあります。ショッピングモールにはATMはもちろん、Exchangeもあるので日本円からペソに変えられます。
ホテルの日本人スタッフにも聞いたのですがアヤラモールのExchangeが一番手数料がかからないのでそちらのご利用をお勧めします。

セブ島の生活04

ただ、アヤラモールには日本のショッピングモールのような地図がないので、どこに何のお店があるか少し把握しづらいと思います。
Grabタクシーで帰る際、アヤラモールでしたらアクティブゾーンというエリア側の出口に向かってください。

アヤラモールに行った際に是非飲んで頂きたいものがございます。
それがサトウキビジュースです。これはショッピングモールの中のワゴンで販売されているものなのですが、サトウキビのジュースなど私も今まで飲んだことがなかったのですが、挑戦してみたところ甘すぎることはなく爽やかでとても美味しかったです。

セブ島の生活05

SMモールもアヤラモールと同じくらいの広さで地図は私の記憶上だと一か所にあります。ただ細かく書かれてはいないのでやはりわかりづらいと思います。ExchangeはSM Storeという大きな店の中にあります。
SMモールはカフェが少ないのですが和食のレストランや日本経営の雑貨店があり、少し親日なショッピングモールの気がします。私はSMモールで初のブコジュースを飲みました。ブコとはココナッツのことでもちろん、タイでも飲めますし、タイもフィリピンも味は変わりません。日本ではめったに飲めないものですので、セブ島に行ったら是非飲んでみてください。

セブ島の生活06

ショッピングモールに行ったとき、私のお勧めするスイーツがトロン(turon)です。
バナナスイーツなのですが、バナナを春巻きの皮のようなもので包み、揚げたものです。砂糖を塗して焼いたバナナキューというスイーツもあるのですが、こちらは私はとても甘いと感じたので甘いものがお好きな方にお勧めします。
一方、トロンは砂糖を用いないのが一般的なのでバナナ本来の甘さなので甘すぎることはありません。ただし、アヤラモールにはこれらのスイーツがないのでSMモール、またはJモールでご賞味くださいませ!

セブ島の生活07
こちらは、バナナキューといいます。
セブ島の生活08
こちらがトロン(turon)です。

次回は学校の行事やセブ島の海について細かく書こうと思います。ありがとうございました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。