海外留学に利用できる奨学金一覧リストと種類・条件について徹底解説します

海外留学を考えた時に、一番心配になることは何でしょうか?

まず一番に、気になることは留学費用ではないでしょうか?

「海外留学したいけれど、費用が準備できないから諦めるしかないかな・・」

「学生の身分で海外留学費用なんて準備できない・・」

と感じている方もきっといますよね。

今回は海外留学を願っているのに費用面が心配・悩んでいる方向けに奨学金が受けられる一覧リストと奨学金についてをご紹介したいと思います。

それぞれ、条件についてや種類についても詳しく解説していますので、海外留学を考えている方は是非参考にしてみてください。

せっかくの海外留学の夢を費用面で断念するのは勿体ないですよ。

自分が適している奨学金を探して、自身の将来に繋げましょう。

海外留学の費用準備と奨学金について

海外留学の際には、ある程度まとまった費用が必要になります。

場合によっては、日本で学生生活を送るよりも費用は高額かもしれません。

そんな時に、利用したいのが奨学金制度なのです。

海外留学のための奨学金は、ある程度の能力や学力、将来性があるのに、経済的な理由で留学が困難となる方のために費用面で支援してくれることを言います。

つまり、経済的な理由で留学を諦めざるを得ない人に対し、民間団体や自治体、公的機関などがお金を給付・貸与する制度なのです。

奨学金を受けるには条件があります

奨学金制度をしている公的機関や団体はさまざまなところがあります。

奨学金と聞くと、「成績優秀な学生だけが受けられるんじゃないの?」とか、「飛び抜けた才能がある人だけでしょ?」と思われている事が多いでしょうが、決して全ての奨学金制度がそのような条件ではありません。

中には奨学金の条件は世帯所得や本人の学力や能力を問う審査資格の基準が設けられているものもありますが、その条件も民間団体や自治体、公的機関などによってかなり違いがあります。

奨学金と一言で言っても、少額なものもありますし、生活費まで含めた金額を支援してくれるものもあります。

「成績が良くないから・・」「才能が無いから・・」と諦めず、それぞれ自分に合った、自分に適している奨学金制度はどれになるのか、検討するようにしましょう。

奨学金は貸与型と給付型の二種類

奨学金制度には、給付型・貸与型の二種類があります。

貸与型の場合、将来的にに返済をする義務が発生します。

反対に給付型の場合は借りた奨学金は返済する必要はありません。

貸与型の奨学金

その名の通り、お金を一時的に借りるシステムです。

受け取った奨学金は、留学後に返済をする義務が生じます。
海外留学の際に費用を受け取り、留学を終了して一定期間が経過したのちに毎月コツコツ返済していくことになります。

貸与型は給付型に比べて、所得の制限や成績基準などが厳しくないため、奨学金が比較的簡単に受けられるというメリットがあります。

また、無利子のタイプと利子が発生するタイプのものがあり、それぞれ条件も異なってきます。

もちろん、利子が発生するタイプのものよりも、無利子タイプの方が審査基準が厳しいです。

その点を注意して調べておくようにしましょう。

給付型の奨学金

給付型はこちらも名前の通り、給付してくれる・もらうタイプの奨学金です。

後に返済する必要はありません。

何といっても最大のメリットは返済の必要がないこと。

後々のお金の心配をしなくても良いので留学先でも勉学に集中することができるでしょう。

でも、その代わりに応募する条件や審査基準や成績基準などが厳しく設定されている場合が多く、応募者も多く殺到するため、競争が激しくなるのがデメリットと言えます。

奨学金を給付する側は将来が有望な優秀な人物に投資したいという想いで支援してくれているのであって、誰でもが給付型奨学金を受けられる訳ではないのです。

海外留学で利用できる奨学金一覧リスト

日本学生支援機構(JASSO)

文部科学省が管轄の独立行政法人です。

たくさんの種類の奨学金制度があり、貸与型と給与型の両方があります。

それぞれ種類によって求められる条件が異なります。

https://www.jasso.go.jp/

「トビタテ!留学JAPAN」

文部科学省が展開している「トビタテ!留学JAPAN」。

意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーンとして始まったのが「トビタテ!留学JAPAN」です。

事前・事後研修などが受けられたり、トビタテのコミュニティに参加できたりします。

https://tobitate.mext.go.jp/

公益財団法人 経団連国際教育交流財団

この財団は教育面における国際交流を通じて外国との相互理解の促進に資することを目的に1976年に設立されました。

海外の大学または大学院に留学する日本人学生に奨学金の支給を通じて、日本の学術研究や世界経済の発展に寄与するとともに、国際社会に貢献する人材を育成することを目的としています。

https://www.keidanren.or.jp/japanese/profile/ishizaka/

公益財団法人 キーエンス奨学金

2018年6月に設立された「キーエンス財団」。
設立者である株式会社キーエンスは、精密機器の企業であり、世界中に拠点があります。

https://www.keyence-foundation.or.jp/

財団法人 日本国際教育協会

日本の大学院、大学、短期大学、高等専門学校または専修学校で就学している学生を対象としている奨学金となっています。

http://www.jees.or.jp/

松下幸之助 記念志財団

アジア、中近東、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の大学・大学院・研究機関に籍を置く方が対象の奨学金制度です。

http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/jpn/promotion_jpn_01.html

電通育英会

電通育英会では留学など海外での多様な活動を通して広い視野を持ち、将来、国際的に活躍できる人材として成長する一助となることを目的とした「海外留学・活動支援制度」を設けています。

https://www.dentsu-ikueikai.or.jp/

孫正義育英財団

ソフトバンクグループの孫正義社長が代表理事の「孫正義育英財団」。

この財団の副代表理事はノーベル賞受賞の山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長です。

https://masason-foundation.org/

業務スーパージャパンドリーム財団

皆さんご存知の「業務スーパー」が母体の公益財団法人「業務スーパージャパンドリーム財団」です。

支援額が月額15万円となっており、手厚い支援内容です。

https://www.kobebussan.or.jp/overseas.php

公益財団法人 平和中島財団

「世界の恒久的平和維持のためには、教育を持って貢献することが最良の道である」とする故・中島健吉氏の想いのもとに設立された、海外で学ぶすべての人を応援する団体です。

http://www.hnf.jp/shogaku/

■伊藤国際教育交流財団

海外の大学等の修士課程に留学する日本人を対象にした奨学金を募集しています。

支給金額が大きいため、応募倍率が高くなり、審査に望むには相当な準備が必要となります。

http://www.itofound.or.jp/home

公益財団法人 イノアック国際教育振興財団

株式会社イノアックコーポレーション代表取締役の井上聰一氏によって1987年に設立された「イノアック国際教育振興財団」。

日本から海外の大学等に留学する者を対象に援助を行い、世界に貢献できる人材の育成に寄与することを目的としています。

http://www.inoac-scholarship.jp/index.html

大真奨学生

株式会社 大真が設立した奨学金制度。

貿易業を行っている大真が海外留学を志す真面目な若者の支援が目的で奨学金制度を始めたそうです。

但し、支援期間は1年となっています。

https://ssl.daishin-corp.com/csr/

公益財団法人 佐藤陽国際奨学財団

ASEANと南西アジアの18ヶ国を対象に海外留学する日本人学生を支援しています。

https://sisf.or.jp/ja/

一般財団法人 アジア国際交流奨学財団

日本からアジア各国へ海外留学する方に対して奨学金の支給を行っています。

支給期間は1年となります。

http://www.asian-foundation.org/

***************************************************************************※上記は一部となります。

各自治体、地域で海外留学の奨学金プログラムを取り扱っている場合も多数あります。

一度、お住まいの役所などで確認することをオススメします。

まとめ|海外留学を考えるなら奨学金制度は利用すべき

いかがでしたでしょうか?

意外と海外留学を支援してくれる奨学金制度を設けている団体などは多かったのではないのでしょうか?

ここに掲載させていただいたのは、ほんの一部です。

その他にも専門分野などによっても奨学金を設けている団体や企業があったり、在籍している学校にも留学の奨学金情報が見つかる場合があります。

ご自身に合った奨学金制度が必ず見つかるはずですので、諦めずに探してみましょう。

奨学金制度を受けるには色々な条件があり、準備が大変なこともありますが、海外留学の夢を費用面で断念するのは非常に勿体ないと思いませんか?

奨学金制度は是非、利用すべきです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

****奨学金が審査でダメだった場合でもまだチャンスはあります****

”アメリカ留学の3分の1の費用で済む??【タイにあるアメリカの大学】”

 タイにあるアメリカの大学(トリコンチネントディグリープログラム)は、ラマー大学(米国・テキサス州)、サイアムテクノロジー大学(タイ・バンコク)、英国のNVQ国家認定資格レベル5の三か国の学位および資格のすべてが一回の留学で取得できる画期的なプログラムです。

この「タイにあるアメリカの大学」の費用は滞在費も含めて年間で約150万円程度。アメリカ留学にかかる費用から見ても約3分の1程度で済みます。

「タイにあるアメリカの大学」は、高校生・留年生向けに費用も安く、英語力のスコア提出が不要など、日本の大学に進学するのと同等の条件で進学することが可能です。

授業は完全に英語のみで行われ、アメリカ・中国・ASEAN各国など世界各国から集まる学生とともに学習します。タイ・バンコクで日常生活を送ることになりますが、成長著しいASEANの中心地であり、本物のグローバルを経験することができます。

 http://tricon.tesol.co.jp/

航空業界で働く夢をかなえませんか?

空のプロフェショナルを目指す!
という大きな目標を持つ君たちへ!

  1. 費用が圧倒的に安い!
  2. 日本語での入学試験
  3. 世界中が就職先

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事