P.E.(体育)のイベント

IAUでは体育の授業が必須であります。

学校内外で行事があり、参加する事で成績にも反映されます。今回は昨年3月に学校内で行われたダンスの試験についてと、昨年9月にセブ市で行われたミロ(MILO)マラソンについて書きたいと思います!

ダンス

一年次後期の体育授業の内容はダンスです。1セメスター(1学期)にメジャー試験が4回ほどあり、ステップの名前と動きを覚えて、筆記試験と先生からランダムに言われたステップ名に対して踊る実技試験、授業中に練習したステップの組み合わせを曲に合わせて踊る実技試験があります。

試験当日に、その場で先生から踊るペアが発表され、名前を呼ばれた生徒たちが数組ずつ前に出て、みんなの前で踊りました。

大きく分けて4つのジャンルがあり、全員2回ずつ踊りました。自分の出番以外は、他の生徒たちが踊っているのを鑑賞しながら、クラスメイトや友達と話したり、準備された夕飯を食べて過ごしました。

最終試験は他の学科や他の時間割の生徒がみんな集まり、グループごとにダンスの発表会がありました。

Mr. & Ms. PEもあり、参加者は番号をつけ、それぞれのテーマに合わせた衣装も準備していました。実は体育の先生に私もお話をいただいたのですが、人前でパフォーマンスするのも、踊りも苦手なので断らせていただきました…。

ミスユニバースの時にはみんなスマホやテレビでニュースをチェックしているほど、フィリピン人はミス○○に関心のある人が日本よりも多いように感じます。一昨年は、ミスユニバース2018にフィリピン代表のカトリオナ・グレーさんが選ばれ、学校中も大盛り上がりでした。笑

フィリピンでは、日本よりそういったイベントがよく行われている印象を受けます。

MILOマラソン

日本ではミロ(MILO)と読みますが、フィリピンではマイロと発音します。マイロマラソンに参加することで体育の成績にも反映されるため、ほとんどの生徒が参加します。

セブ市内にあるFente Osmeña Circle (フェンテ・オスメニア サークル)と呼ばれる場所に早朝集合だったので、前夜に仲の良いクラスメイトと近くの宿を予約し、当日に備えました。

朝5:00には会場へ行きまだ薄暗い状態でしたが、他校やIAU以外の人達もすでにたくさん集まっていました。私たちは5kmに参加しました。

マラソンではありますが、終始歩いている人や途中コンビニで休んでいる人もいました。

バッグや荷物を持ったまま参加している人もいました。笑

時間制限は設けられていたので、無事ゴール出来た人はCertificate(証明書)をもらい、先生に証拠として提示しました。

ゴールした人は並んで無料のMILOをもらうことが出来ますがあまりに長蛇の列だったので私たちはもらわずに宿へ戻り休憩しました

(参加申し込みをした時に当日着る黄緑のユニフォームとMILO1袋いただきました)。

この頃の写真を見ると、人混みや蜜を気にせずに生活出来ていた日々を懐かしく感じます。またオンライン授業ではなく直接友達と会える授業スタイルに戻る日が来て欲しいと願っています。

航空業界で働く夢をかなえませんか?

空のプロフェショナルを目指す!
という大きな目標を持つ君たちへ!

  1. 費用が圧倒的に安い!
  2. 日本語での入学試験
  3. 世界中が就職先

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事