結婚相手には「趣味の合う異性」より「趣味のある異性」を選べ

結婚相手の条件として「趣味の合う異性」はダメ。
夫婦は家庭という1つの世界に嫌でも縛られるんだから、趣味の世界まで被ったら絶対に息が詰まる。

正しくは「趣味のある異性」だ。
お互いに別々の世界を持っていれば、のびのびできて家庭も円満に周る。って人生経験豊富なおっさんが言ってた。

留学で趣味を見つけられたり、趣味を公表する機会が増えたり、趣味をもっと向上させることもできる。
趣味があることが誇らしくなる。

本記事は「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」にインスパイアされたオマージュ作品です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。