大学の履修登録

先日、大学の履修登録が終わったので、今回はフィリピンの大学の履修登録について説明したいと思います。

私の通っている大学では、前期が6月から10月、後期が11月から3月まで授業があります。サマークラスを取りたい生徒は4~5月に次学期の教科をいくつか先取りする事が出来ます。毎学期Enrollment(日本でいう履修登録)がありますが、なんと、アナログ式の手書きです。

科目スケジュール

このように全学科のスケジュールが張り出されているので、自分の取りたい教科のコードと時間を選びます。日付、学生番号、氏名、学科、学年、履修登録する年と学期、(前期なら1st、後期なら2nd)、スケジュールを記入して提出します。日本だったら家でもパソコンからポチッと選択すれば出来てしまうので、効率の悪さを感じます。

履修登録申し込み用紙

記入し終わったら、紙とStudent ID(学生証)を持ってWindow1へ並びます。エアコンのない中外で並ぶのは暑くて疲れました。学校のメンテナンスの人が椅子を持ってきてくれたので座ることができました。サインをもらった後はwindow5へ移動し、Enrollment fee(入学費、履修登録手続き料のようなもの)を払います。私の大学は3000ペソ。学費から差し引かれます。

申込窓口

支払いが終わったらwindow2へ行き、レシートと紙とStudent IDを渡してスタディーロードという自分のスケジュールが印刷された紙を受け取ります。確認して問題なければ、これで履修登録の手続きは終了です。

スタディーロード

外国人生徒はフィリピン生徒の倍の授業料がかかるので、今学期は私の場合は約63,000ペソ(約132,300円)でした。日本と比べたら安いですがフィリピンでは結構高めの授業料です。ちなみに以前通っていた学校では専攻学科が違いましたが、半額くらいの学費でした。授業料の支払いは毎試験前に払うので残高を確認しながら分割で払います。一度で払える人は払ってしまっても問題ありませんが、ほとんどの生徒が分割で払っています。

学校へ着いたのは朝9時前でしたが終わったのはほぼ午後12時。パソコンで出来てしまえば、この手続きは数分で終わらせることが出来るのになー。と思いながらもノーチョイスなので待ちました。

私の学科、学年ではBlockAとBで基本のスケジュールは決められて組まれていますが、人数の関係や、時間の都合で変更もできます。私は去年の後期に1教科先取りしていたので、今学期は10教科、27単位。火曜日は朝8時から夜8時まで授業があります。今学期も土曜の授業が入ってしまったので週末は日曜のみのお休み。忙しくなりそうですが無事全単位取れるように頑張ります!

仲の良いクラスメイトと一緒に履修登録をしたのでまた同じスケジュールになれました。今学期は体育で水泳の授業があるので泳ぐのが大好きな私は楽しみです!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。