html web templates

誰がやっても
ある程度は教えられる

英語で英語を
教える仕組み

が欲しい人はほかにいませんか?

あなたは、児童の成長を安定して見込めますか?

以下の質問を考えてみてください。一つでも当てはまれば、これはあなたにピッタリの講座かもしれません。少しの時間だけこのページを読んでみてください。

1

あなたの児童を、自分と同じか、それ以上に英語が話せるようにしたいですか?

2

押しつけの勉強じゃなく、児童と保護者からも感謝されるように教えたいですか?

3

あなたは、児童の成長を安定して見込めるようになりたいですか?

英語教育の主な課題

英語教育に関する主な課題は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成すること。

Listening

聞く

Speaking

話す

Reading

読む

Writing

書く

Mobirise

感覚ではなく仕組みで教える

だから…何度やっても同じような結果、誰がやっても同じような結果

英語が母国語ではない児童に対して、「聞く・話す・読む・書く」の4技能向上を目指して、英語を使って英語を教える教授法があります。 グループワーク、ディスカッション、様々なアクティビティを通して多角的に教えます。

具体的には、①授業の展開と組み立て、②歌やチャンツ、アクティビティ、クラスルームイングリッシュの使いこなし、③英語教材の作成、④授業を楽しく行う工夫、⑤正しい発音に関する知識と訓練、その他にも専門知識を学びます。
さらに、⑤児童・生徒のコミュニケーションの能力を高める活動、⑥生徒に対してモチベーションを持たせること、⑦児童・生徒の発音指導を行うこと、を行うことにより、積極的に授業に参加できるような雰囲気の醸成を行います。

この英語で英語を教える仕組みは、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法で、英語に全く馴染みのない児童との信頼関係を築き、あなたの英語授業を進めやすくするような設計がなされています。あとは、それに教える題材を当てはめてれば良いだけ。ある意味、教えるためのレシピのようなものです。

良いレシピがあれば、誰でもある程度美味しい料理が作れますよね?それと同じように、この英語で英語を教える仕組みというレシピの通りに授業を作るだけなので、実績がない新卒の先生でも、ある程度英語を教えることができるというわけです。 

英語で英語を教える技術習得プログラム
体験セミナー

再現性の高い指導法を実現する

1

レッスンプランを作る

5つのステップに従って英語で英語を教えるためのレッスンプランを作る

2

あらゆる手段で

レッスンプランに合わせた授業を提供する

3

繰り返し使う

何度も何度も繰り返して、児童の信頼を獲得し、英語力を上げる

体験セミナーの内容

1

5つのステップで、誰でも教えられるレッスンプランを作る!

世界中の非英語圏の国々で効果が実証されている、シンプルで強力な方法

2

なぜこの英語で英語を教える方法は、児童が喜び・楽しみながら学ぶのか?

人間心理・学習理論に基づいた独自のメソッドで、児童が授業であることにすら気がつかない…!? 

3

レッスンプランのレバレッジを最大限に高める方法

1つの効果あるレッスンをあらゆる形に変えて、頭を悩ませなくても指導成果が上がる仕組みを作る方法

4

人の良い先生が知らないうちに犯している指導成果があがらない3つの間違い

指導の成果があがらない、児童が成長できない理由が、自分の指導技術が足りない…自分の英語力が足りない…もっと授業内容が良くしないといけない…と思っているのであれば、それは自らを苦しめる道へ進む危険な兆候かもしれません。

受講者の声

個人の感想であり、成果を保証するものではございません。

授業の組み立て方など基本的なことから学ぶ事ができ、非常に役に立ちました 。

すぐ授業で使えるアクティビティやアイディアをたくさん学ぶことができ良い経験でした 。

英語に限らず、普段の授業にも通じる新たな視点を得ることができました。英語の授業に生かしていきたいです 。

当日の流れ

もちろん、体験セミナーに出たからと言って、プログラムに参加しないといけないなんて事はありません。「体験セミナーで学んだ事で、十分だ。」それで自分の授業に活用できると思われる方もいますし、プログラムで学んでより早く確実に結果を出したいという方もいます。どちらにするも、あなた自身の判断です。

Mobirise

第1部:体験セミナー

第一部として『英語で英語を教える技術習得プログラム』の体験セミナーをやります。ここでは、5つのステップで、どうやって英語で英語を教えるレッスンプランを作るか?という事をやります。

Mobirise

第2部:説明会

英語で英語を教える技術習得プログラムの内容について説明します。

Mobirise

第3部:グループコンサル

最後に第三部として、個別あるいはグループで、いかに、この技術やレッスンプランを自分の授業に活用するか?というコンサルティングをします。

参加条件


この体験セミナーは、これから教職員になることを目指すあなたの指導力向上に役立つかどうかを実際に体験してもらうセミナーです。そのため教職員になることを目指している方が参加対象となります。その他の方は参加できませんのでご了承ください。

Mobirise

教育学部の方

大学の教育学部生、卒業生の方は、参加対象となりますので、無料で参加できます。

なお、本セミナーは原則、途中入場・途中退席ができませんので、予め全ての時間参加が難しい場合はお問い合わせください。5分以上遅刻された場合は、ご入室を固くお断りしております。ご来場は開催時間15分前を目安にご来場くださいませ。

Mobirise

現役の教職員の方

現役の教職員の方は、参加対象となりますので、無料で参加できます。

なお、本セミナーは原則、途中入場・途中退席ができませんので、予め全ての時間参加が難しい場合はお問い合わせください。5分以上遅刻された場合は、ご入室を固くお断りしております。ご来場は開催時間15分前を目安にご来場くださいませ。

世界中の非英語圏の国々で英語を教える際に認められる国際資格の一つである
TESOL メソッド

Mobirise

TESOLとは

Teaching English to Speakers of Other Languagesの略称。英語が母国語でない人に、英語で英語を教える英語教授法で、世界的にも広く認知されている指導者のための国際資格です。
TESOLの資格は、タイ、中国、ベトナム、カタール、ドバイ等英語が母国ではない国では、専門的に英語指導を行うためのほぼ必須の資格となっています。日本においても将来的には、ほぼ必須の資格となることが想定されます。

TESOL INTERNATIONAL ENGLISH TRANING CENTER CEBU

International TEFL TESOL Traning (ITTT)とITTT認定TESOLコースにおいて
フィリピン全土・日本全土(東京都を除く)・国外の日本学校での独占契約の元、フィリピン・セブにて、TESOLコースを開催しております。現在、フィリピン国でのITTT認定TESOLコースを受講できるのは、セブのみです。

Mobirise

TESOL International Japan株式会社

Don't hesitate to contact us

Address

〒107-0052
東京都港区赤坂6-5-38
ファミールグランスイートTHE赤坂802

Contacts

Email: info@tesol.co.jp 
Phone: 03-3568-3112
Fax: 03-6740‐6931