スコータイ・プーケットへの旅
スコータイ・プーケットへの旅

皆さま、あけましておめでとうございます!
年末年始、どうお過ごしだったでしょうか?

 バンコクは、年末にかけてコロナ感染者が少しずつ増えていき、一時は年明け前に再度ロックダウンされるという噂もありましたが、どうにか免れ、予定していた旅行も無事行くことができました。
クリスマス前にスコータイ、年末年始にプーケットへ行きました。

スコータイ(1)
スコータイ(1)
スコータイ(4)
スコータイ(4)

スコータイは、タイ初の王朝が建てられた、日本でいう京都のような場所です。
一泊二日だったので、旧市街にある歴史公園を中心に観光しました。
夕日や朝日に照らされた遺跡群はとても美しかったです。

スコータイ(2)
スコータイ(2)
スコータイ(3)
スコータイ(3)
スコータイ(5)
スコータイ(5)
スコータイ(6)
スコータイ(6)


美味しいスコータイヌードル屋さんも見つけることができ、充実した二日間でした!
人気のスポットということですが、人はまばらで、15分おきに来ると聞いていた空港に戻るためのバスも動いておらず、コロナの影響を感じられました。

12月30日から1月2日まではプーケットに行きました。

プーケット(1)
プーケット(1)


直前にバンコクの隣県でクラスターが発生し、ロックダウンされたためか、日本人はあまり見かけませんでした。

プーケット(3)
プーケット(3)

タイに来て初の海、人生初のシュノーケルと初めてのことだらけで、海を満喫できました!

プーケット(2)
プーケット(2)
プーケット(4)
プーケット(4)


年明けの瞬間はパトンビーチに行ったのですが、近くの歓楽街のお店の半分ほどしか明かりが点いておらず、前回のロックダウンの打撃の大きさを感じられました。

プーケット(5)
プーケット(5)
プーケット(6)
プーケット(6)
プーケット(7)
プーケット(7)
プーケット(8)
プーケット(8)

少ししんみりしつつも、ハート形のコムローイを上げたり、ニューイヤーの花火を見たりして楽しく過ごせました。
ただ、日本では恒例のカウントダウンがなかったので、あまり年が明けた実感も湧かないまま帰宅しました(笑)

プーケット(9)
プーケット(9)

さて、年明け最初の月曜日から、部分的ロックダウンが開始されることになりました。
外出禁止等はないものの、飲食店は6時~21時まで、教育機関は1月末まで閉鎖です。
同じ日に、転校して初めての大学の授業が始まりましたが、しばらくはオンラインでの授業になります。

一週間の予定も大幅に変更されました。
以前は、2週間同じ授業をやり続ける形でしたが、これからは週1ペースになり、月曜日と金曜日のみが授業日、金曜日は常にオンラインだそうです。
先生も、これまでのように英語ネイティブの先生ではなく、タイ人の先生になりました。
オンラインであることも手伝って、英語が少し聞き取りにくいですが、必要な資料は事前に配布されるようなので、予習復習で頑張りたいと思います!

プーケット(10)
プーケット(10)

日本でもコロナウイルスの変異種が見つかり、最近タイで確認されたウイルスも変異種である可能性があると言われています。
年明け早々波乱の予感ですが、今年の後半には国を行き来できるくらい抑え込めているといいなと思います。
今年は皆さんにとって良い年になるようお祈りしています!

それでは、また!

航空業界で働く夢をかなえませんか?

空のプロフェショナルを目指す!
という大きな目標を持つ君たちへ!

  1. 費用が圧倒的に安い!
  2. 日本語での入学試験
  3. 世界中が就職先

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事